埼玉県三郷市観光協会

お問い合わせ
サイトマップ

川と共に歴史を刻んできた三郷市には、その恩恵を受けて、平安時代以前から人々の営みがあり、当時の人々の暮らしぶりや地域に根付いた文化を現代に伝えてくれる貴重な文化財が数多く残されています。

▶三郷市の文化財 生涯学習課TEL048-930-7759

長板中型

長板中型

江戸中期の江戸で生まれた浴衣地の藍染技術です。長板とは型付けに使用されるもみ材の板のこと、中型とは模様の種類で、型紙の柄が小紋よりも大きいものを指します。三郷市があるこの地域は、中川などの豊かな水流に恵まれていたことから染色業が発達しました。大量生産が難しく、藍と白の対比の美しいこの技法は、現代まで絶えず受け継がれてきた希少な技術で、近年、その魅力が再注目されています。(県指定文化財)

【問い合わせ先】
■恩田染工場 TEL 048-955-0420

万葉遺跡葛飾早稲産地

万葉遺跡葛飾早稲産地

「鳰鳥(におどり)の葛飾早稲を饗(にえ)すとも其の愛(かな)しきを外(と)に立てめやも」は、万葉集巻十四の東歌の中の一つで、当地方を歌ったものといわれています。丹後稲荷神社の境内にある碑は、この歌を記念して建てられたものです。
(県指定旧跡)


【所在地】
埼玉県三郷市早稲田8-17-8
【アクセス】
JR武蔵野線三郷駅北口より徒歩15分
JR武蔵野線「三郷駅北口」から「新三郷駅東口」
「マイスカイ車庫」「後谷」行きバス(マイスカイ交通)にて「丹後神社」下車

 

観音堂/木造不動明王立像(圓明院)

指定別 種 別 名 称 場 所 指定年月日
県指定 旧跡 万葉遺跡葛飾早稲産地 丹後稲荷神社境内 昭和36. 9. 1
無形文化財 長板中型 恩田 育男 昭和63. 2.26
初山 武雄 平成16.3.23
県選択  無形民俗文化財  三郷市のオビシャ(大広戸の蛇祭り) 大広戸香取神社 平成14. 3.22
県選択・市指定  大般若経祭り 迎攝院・神明神社周辺 平成10. 3.17
市指定 記念物 大銀杏 安養院 昭和50. 2.19
無形民俗文化財 二郷半囃子、里神楽 上口香取神社周辺 昭和50. 2.19
幸房・岩野木の獅子舞 富足神社 平成 15.3.17
万作踊り 万作踊り保存会 昭和57. 3.15
三匹の獅子舞 戸ヶ崎香取神社 昭和53. 2.20
有形文化財 鰐口 昭和50. 2.19
観音堂 迎攝院 昭和50. 2.19
銅造十一面観音坐像 石川宅 昭和50. 2.19
十三仏青石塔婆 東光院閻魔堂 昭和50.11.11
木造不動明王立像 円能寺 昭和52. 2. 8
木造阿弥陀如来立像 宝蓮寺 昭和52. 2. 8
木造薬師如来坐像 光福院 昭和53. 2.20
木造不動明王立像 圓明院 昭和55. 3.18
木造阿弥陀如来立像 西善院 平成元 6.24
木造阿弥陀如来立像 玉蔵院 平成 5. 9.29
木造地蔵菩薩立像 平成 5. 9.29
木造地蔵菩薩立像 横堀公民館(元 東福寺) 平成 8. 1. 5
延命院虚空蔵堂 延命院 平成 25.8.22
三郷市立彦成小学校講堂記念館 彦成小学校 平成 25.3.10
有形民俗文化財 木造虚空蔵菩薩立像 延命院境内虚空蔵堂内 平成 25.3.14

平成29年1月現在

郷土資料館

郷土資料館

郷土資料館
平成26年6月に、市立図書館と郷土資料館が新しく複合施設「三郷市わくわくライブラリー」としてオープンしました。
各種の郷土資料を部門ごとに展示し、三郷の歴史を紹介します。また、市内に伝えられるお祭りの映像展示や、屋外にも展示スペースを設けるなど、さまざまなしかけで郷土の歴史へと誘います。

【開館時間】
9時30分~19時
(※毎週月曜、第4木曜、年末年始は休館)
【所在地】
三郷市谷口618-1、
三郷市わくわくライブラリー内
【アクセス】
つくばエクスプレス「三郷中央駅北口」から
徒歩約10分
【問い合わせ先】
■市役所生涯学習課
TEL 048-930-7759

彦成小学校講堂記念館

彦成小学校講堂記念館
大正時代に当時の彦成村立尋常高等小学校講堂として建築された建物で、平成4年から郷土資料館として使われていました。郷土資料館が、三郷市わくわくライブラリー内に新たにオープンしたのに伴い、現在は郷土資料館の分館となっています。

【開館時間】

10時~16時
(※毎週月曜、水曜、金曜、年末年始は休館)

【所在地】
三郷市彦倉1-133
【アクセス】
JR武蔵野線「三郷駅南口」から「新三郷駅西口」行きバス(グローバル交通)「彦野排水機場」下車徒歩約3分
【問い合わせ先】
■郷土資料館
TEL 048-953-5251

ページトップへ